2020年08月20日

秋の養生 粘膜の強化

★秋の養生

 暦の上では秋に入りました。
秋の季節は、1日の気温差が大きいことと
湿度が低いことです。
秋は台風が多いため雨量も多いのですが、
移動性高気圧の影響で乾燥しているのです。

お月様が綺麗に見えたり、
遠くの景色がはっきり見えるのは、
空気が乾燥している証拠です。

 そしてこの時期、
最も影響を受けやすい臓器が肺です。
東洋医学書を読むと、
肺とは鼻や喉などの呼吸器系と皮膚を
合わせた概念になっています。
また肺臓は5つに臓器の中で
最も弱い器官ともされています。
したがって、
呼吸器や皮膚が弱い体質の人は、
普段以上に養生が大切になります。

◆呼吸器疾患や皮膚トラブルは、
 乾燥が引き金となることが多いのです。
その乾燥から呼吸器の粘膜を守り、
肌に潤いをもたらす食材には、
もち米、黒米、黒ゴマなどの黒色穀物、
大根、百合根、れんこん、にんにく、ねぎ、生姜、
ねばねば食品である山芋、なめこ、
もずく、納豆などがあります。

また、東洋医学には「少辛多酸」という言葉があって、
秋には辛いもの少量と
酸味のあるもの適量を摂ると良い。
それは粘膜の分泌作用を促し
身体を調整するともいわれています。
香辛料や梅干しなどを
バランスよく取り入れるのも良いかもしれません。

◆栄養素
 粘膜を作つたり強化する栄養素としては
ビタミンA、ビタミンB群 、
ビタミンC、 亜鉛などがあります。
その中でもビタミンB群とビタミンCは、
この時期、普段より夏の暑さで消耗している
可能性が高い栄養素です。

ビタミンB群が不足した場合は、
初期症状として疲労感や気力の減退、
イライラしやすいなどがみられます。
口内炎ができやすかったり、
虫刺さされでもないのに
皮膚のかゆみなども
ビタミンB群不足の兆候です。

また、神経過敏やうつ病などの
神経系の障害も起こりやすくなります。
一方、ビタミンCは
ストレスに対抗するホルモンの主要な材料なので、
不足するとストレスに弱くなったりします。

つまり、ビタミンB群とビタミンCを
しっかり補うと粘膜の強化され、そ
れだけでなく気力が出たり心の安定にも役立つのです。

 ここで私は粘膜強化に
「古代食くろご・ペプチド」や
「ビタミンBエナジー120」、
「ビタミンCフレッシュ」をお勧めしています。

古代食くろご・ペプチド
希少な古代のままの野生品種の黒色穀物を
実も皮も丸ごと低分子化しているので、
野生種の備えた生命力や豊富な
ビタミンやミネラルなどを余すことなく
頂くことが出来ます。

ビタミンBエナジー120は、
天然成分100%でビタミンB群すべてが
バランス良く配合されています。

ビタミンCフレッシュは、
1粒に500mgの天然ビタミンCを含有し、
1粒でレモン約25個分の
ビタミンCを摂取できます。
タイムリリース加工で、
体内でゆっくる溶けるように設計されています。
体内での作用を考えた優れたサプリメントです。


goodhabit_2019 at 20:51|PermalinkComments(0)季節 | 栄養素

2020年08月08日

心の安定

★新型コロナウイルス

 新型コロナウイルスについて、
テレビの報道番組を見れば見る程、
不安にかけられます。
毎年のように襲ってくる自然災害を思えば、
更に不安がつきまとってきます。
そのような環境の中で、
如何に自分のメンタルを保つか、
また家族と同居ならば、
家族全員のメンタルを何に保ってもらうか。
そのことを考えざるを得ません。

心の安定に必要な神経伝達物質、
例えば、ドーパミンやアドレナリン、
GABAやセロトニンなどは、
たんぱく質が材料になって作られています。

豚肉や牛肉、鶏肉、お魚、大豆を食べると、
たんぱく質を摂取できます。
そのたんぱく質が材料となって
酵素の働きで神経伝達物質が作られるわけですが、
その酵素を動かすため、
ビタミンB群ややビタミンC、
鉄などが必要になるわけです。

ビタミンB群とは
ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、
パントテン酸、ビタミンB6、ビオチン、
ビタミンB12、葉酸です。

ただ現代良く食べられている
調理加工品や精製された食材には、
ビタミンB1が失われていることが多く、
清涼飲料水やアルコール、
糖質の多い食品を摂取すると、
身体の中のビタミンB1が失われます。
ビタミンB1が不足すると、
疲れが取れない、
なんとなくだるい、
イライラする、
集中できないなどの症状
が現れるといいます。

ビタミンB群は人のエネルギー源となる
3大栄養素の代謝を助けるという
とても大事な働きがあります。

毎日のお食事では、
糖質の摂取を控えおかずをたっぷりと食べて、
ビタミンB群を補給できる食事を心がけましょう。

▼ビタミンB群を多く含む食品
豚肉、レバー、魚介類、大豆製品、緑黄色野菜など。

▼食事をたくさん取れない人は
 サプリメントでどうぞ ビタミンB群 ビタミンC


goodhabit_2019 at 15:41|PermalinkComments(0)神経伝達物質 | ビタミン

2020年05月08日

美味しい梅干しの作り方

●リメディアニュースからの抜粋です

 梅は昔から青いダイヤモンドと言われ愛されてきました。
「梅雨」の語源は、梅の実が熟するときからきたもので、
6月はまさに梅干しを漬け込む季節です。

 栄養素は果物の中では第1位でしょう。
タンパク質、脂質、ミネラル類(カルシウム・リン・鉄分)は
ミカンに比べて2倍から10倍の差があります。
今年こそ、自家製の梅干し作りに挑戦してみてください。

▼作 り方
【材料】
①ほぼ熟した梅5kg
果糖500g
岩塩500g
※それぞれ正確に計って下さい。 

【漬け方】
①梅は洗って水を切る
②容器の中に梅を果糖岩塩とよく混ぜながら入れる。
③丈夫なビニール袋に水を入れて、
 水が漏れないようにしっかり留めて、
 よく混ぜた梅の上に載せて重石代わりにする。
④容器にふたをして、冷暗所に置いて、
 梅が梅酢に浸かるまで待つ。
⑤梅雨が明けて晴れの日が続いたら、
 丸ザルに並べて土用干しします。
⑥日中は2回 ほど上下を返して、夜は室内に取り込む。
⑦3~4日続けると赤みを帯びたおいしい梅干しの出来上がり。


goodhabit_2019 at 14:05|PermalinkComments(0)気高塩 | 果糖